免疫とは何か

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

治療そもそも私たちの体を守るための免疫とは一体なんでしょうか。免疫とは基本的には自分の体の細胞ではないものを見つけ次第、侵入を防いだり解除したりする抵抗力のことです。この免疫力が強ければ体をさまざまな病気から守ることになりますし、逆に免疫力が弱ってしまっているとちょっとしたことでも重い病気になってしまう可能性もあります。そのため体を守るためにはこの免疫力を良い状態に維持することが必要なのです。

Nk細胞療法はこの免疫力を上げるための治療法になります。この治療によって延命効果が期待できますし、症状の緩和や治療期間中の生活は質の改善も期待することができます。さらに治療をする上で不可欠な症状を治癒することも期待されています。がん細胞による使用がこの治療法によって小さくなることによって体のだるさ痛みといったものから解放される可能性が高く、これまでの外科的な治療や化学療法や放射線治療といった分野に次ぐ新たな治療分野として高い注目を集めているのです。

こうした治療法は体に負担をかけないため、他のさまざまなガン治療と並行して行うことによって、より安全でストレスならない治療ができるとされています。保険適用外のため費用面での負担はあるものの、大幅に治療効果を上げることが期待できるため多くの方が利用している方法なのです。


**推奨サイト**
あきらめないがん治療 |医療法人輝鳳会がんのクリニック

 

まずは普段の生活を見直そう

癌NK細胞療法などの効果的な治療方法が研究され、その効果も上がってはいるものの、基本的にがんにはならないように体を守ることも大切です。そのためにはさまざまな方法で日頃の生活の中で予防を行うことができます。基本的には免疫力を低下させないようにするということがポイントです。そのためには規則正しい生活、栄養のある食事、十分な睡眠といったものが不可欠になるでしょう。こしたことはがんだけでなく、健康を維持する上で不可欠な要素として知られていますが、がんにとってもこうした事柄は予防においてとても大切な役割を果たすのです。

またよく言われる点として喫煙される方は癌の発症率が高いとされています。どのような部位にしても何かの炎症を起こしてしまったりウイルス感染をしたりすると、その部分の細胞が破壊されます。

その破壊された部分を修復する際の細胞の遺伝子が誤って修復されることによってがんが発生することになりますが、喫煙などで常に体に負担を強いているとその部分の修復をたくさん行うことになり、修復の回数が多いほど遺伝子の間違った修復が起こりやすく、がん発生のリスクも高まるというわけです。このような点から規則正しい食生活だけでなくタバコを吸わないようにするということも徹底していきましょう。